部屋のイメージと方向性から考えるインテリアの色選び

色選びは重要なポイント

インテリアを選ぶときに色選びはとても大切なポイントです。

同じ家具でも色が違うと印象はまったく違うので、インテリアを選ぶときには部屋のイメージを固めておく必要があります。まず自分の部屋をどのような感じにしたいのか明確に決めましょう。

例えば、明るい部屋にしたいとか、インパクトのある部屋にしたいとか、シックで落ち着いた部屋にしたいとか、穏やかで優しい部屋にしたいとか。この方向性によってインテリアの色は違ってきます。

スポンサーリンク

部屋のイメージの方向性と色

明るい部屋にしたいと思う場合、インテリアの色は白や白木系の色を選ぶとよいと思います。

インパクトのある部屋にしたいと思う場合には鮮やかな濃い色を。

シックで落ち着いた部屋にしたいと思う場合には、黒やこげ茶のような暗い色を。穏やかで明るい部屋にしたいと思う場合にはベージュなどのくすんだ薄い色を選ぶとよいと思います。

すでに存在する色に注意

新しく家具を買う場合にはすでに部屋の中に存在する色に注意してみましょう。

すでに存在する色とは、例えば床や扉、壁など変えることができないものの色やすでに持っている家具の色のことです。

特に床や壁は面積が広い部分なので、これらの色を考慮して新しい家具の色を考えないと、ちぐはぐな色合いの部屋になってしまうこともあります。

また新しい家具だけの色を考えて買ってしまうと、もともとあった家具が浮いてしまう原因にもなります。

どうしてももともとあった家具が浮いてしまう場合には、ペイントや張替えをして色を合わせるという手段もあるのでそういった方法で色をあわせていくのもいいと思います。

スポンサード リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ