ソファを買う前に確認しておきたいサイズと座り心地

大切なのはサイズと使い心地

家具を買うときに1番気になるポイントはサイズですよね。

部屋のサイズにあったものでないと、せっかく買ったのに置けないということがおこってはいけないですから。
でもサイズばかりを気にして買ってしまうと、使ってみたらくつろげなかったり使い心地が気に入らなかったり、ということになってしまう可能性もあるんです。

そうなってしまうと結局使わなくなってしまい、使わない家具で部屋を狭くしてしまうことにもなりかねません。

だからサイズを意識することはもちろん大切だけど、買う前には座面の広さや高さ柔らかさなど使い心地を確認しておくことが重要なんです。

ソファのサイズ

ソファはまっすぐ座るだけではなく、寝転んだり、あぐらを組んだり、誰かと一緒に座ったりといろいろな使い方が考えられますよね。

そのため座面の奥行きは60センチぐらいあるほうがゆったりとできていいと思います。

ソファに座るときに必要なひとり分の幅は60センチは欲しいですね。
それに肘掛の幅をプラスして考えましょう。

ふたり用ソファでも小さいものはありますが、あまりに小さいとふたりで座ったときに窮屈で結局ひとりしか座れないということになりかねません。
継ぎ目も注意が必要です。

3人用のソファとしてある場合でも座面の継ぎ目が真ん中にあると、真ん中に座る人は座り心地が悪くなってしまいます。

スポンサーリンク

店頭で試すことが大切

ソファを買うときには店頭で試しに座ってみる事が大切です。

座るだけでなく、寝転んでみたり、あぐらをかいてみたり、並んで座ってみたりと実際に家でするであろう格好で試してみましょう。

ソファは一度買うと長く使う家具です。買う前にはきちんと試して自分にあうものを見つけたいですね。

スポンサード リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ