和モダンな部屋には背の低い木を使ったソファがオススメ

和モダンスタイル

昔から日本人は畳に座るという床に近い生活をしていました。

和風のインテリアで暮らしたくても、今は畳ではなく、フローリングの部屋が多いので、直接座るというのは足が痛かったり、リラックスできなかったりしますよね。

だからリラックスして過ごすためにもソファや椅子を置きたいと思うのですが、ソファや椅子を置くと部屋の雰囲気が洋風になってしまいそうですよね。

でも、和モダンスタイルは『現代的な和風スタイル』。ソファや椅子もちゃんと選べば和風の雰囲気を持たせながら洋風の便利さを享受できるんです。

部屋を和モダンスタイルにしたい場合に、意識したいことはソファや椅子は背の低いものを選ぶようにすることです。

低くすることで床に近い和室での暮らしに近づけます。

それに低くすると視界を遮るものがなくなるので、部屋を広く見せるという効果もあるんですよ。

スポンサーリンク

和モダンスタイルのソファ

モダンスタイルとはシンプルで直線的なインテリアで、色はモノトーンをベースにし、スタイリッシュにまとめられたスタイルのことを言います。

そこに和風のテイストを加えると和モダンになります。

どのようにしたら和を感じられるソファになるのかというと、木を使ったものを選ぶといいと思います。

例えばフレームやひじ掛け、脚の部分が木を使っているものです。

それだけでソファもグッと和風になります。

また低座椅子もオススメです。

ソファを置くスペースがない場合にも一人がけの低座椅子なら場所も取らないし、オシャレなものがたくさんあります。

スポンサード リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ