日本の家にも置けるヨーロッパアンティーク家具

ヨーロッパアンティークとは

ヨーロッパアンティークスタイルといっても実際は国や時代によって、さまざまなものがあります。
そしてそれらは全くの別物。

日本でこのスタイルを再現するのはとても難しく、日本の家の内装にも合わせにくいので、ここではヨーロッパのアンティークな雰囲気のもので日本の家に合わせやすいものをヨーロッパアンティークとして紹介します。

このスタイルの特徴は優美でエレガントな雰囲気を感じさせてくれることです。

スポンサーリンク

アンティーク家具

絶対に外せないのがアンティークの家具です。

日本の家にも置きやすいものではテーブル、椅子、サイドボードなどがあります。実際に作られてから100年を超えているような物でなくても、使い込まれた風合いのあるものでよいと思います。

イギリス製の物が比較的コンパクトなので日本の家には置きやすいでしょう。

優美な雰囲気を演出するためにはテーブルや椅子の脚の部分に注目してください。

猫脚や曲線、彫刻をされたものなど、色々なものがあり、選ぶのも楽しいですよ。

シャンデリアもオススメです。
シャンデリアはとても優美でエレガントな雰囲気を演出してくれます。
ヨーロッパでは部屋全体を明るくするためのものというよりも空間を演出するために使われていたそうです。

スポンサーリンク

ファブリック

花や植物などの柄を使ったファブリックもヨーロッパのインテリアでは定番となっています。

カーテンやクッション、テーブルクロスなど取り入れてみるとよいでしょう。テーブルクロスなら気軽に色々な柄が取り入れられるのでオススメです。

ヨーロッパアンティークとしてのファブリックを手軽に始めるなら、玄関マットやカーペットからはじめ、小物入れなどテーブルではランチョンマットなどからでも始められてもよいでしょう。

テーブルや家具は本物志向の強いユーザーが多く、高額になります。

したがって、足元の玄関マットやカーペットなどからはじめ、一つ一つお部屋のイメージに合わせてヨーロピアン家具やアンティーク家具でのテーブルなどを揃えていくのが楽しみとなります。

スポンサード リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ