木材家具を選ぶときに知っておきたいインテリア用語

家具の素材インテリア用語

木材家具のインテリア用語

家具を買おうと思って見てみると、専門用語が多くってよくわからないと感じたことはありませんか?

せっかく家具を買うならきちんと素材について理解して納得するものを選びたいですよね。

そこで木材家具を選ぶときに知っておきたい基本的なインテリア用語を紹介します。

スポンサーリンク

木材家具の素材

家具に使う素材の種類とは

  • 無垢材と集成材はどちらも中まで本物の木を使用しています。

    無垢材は一本の原木から切り出した一枚の板のことで、集成材は木から切り出した板を接着剤を用いて貼り合わせた板のことです。
    どちらも木本来の質感を感じられます。集成材は反りにくく、無垢材に比べると強度があり、価格も無垢材よりも低価格です。

    一般的に家具で使用される無垢材は、集成材のことをいう場合が多いようです。

  • プライウッドは木をうすくスライスしたものを幾層かに重ねて、それを接着剤で貼り合わせて作られた木材のことです。

    積層合板とも呼ばれ強く、伸び縮みの少ないのが特徴です。その中で曲面に成型加工したものを成形合板と呼びます。

  • ベニヤは接着する前の一枚の薄い板のことです。

    天然木化粧合板は天然木を薄くスライスしたものに合板に貼ったもののことです。
    芯材がチップやファイバーのボードなので、反りや割れといった天然木特有の欠点がほとんどありません。
    値段も集成材と比べると安価なのも特徴です。

  • プリント紙化粧合板は合板に木目などを印刷した紙を貼ったものです。

    プリント合板とも呼ばれます。同一の色や木目での生産が可能なので、家具などをシリーズで揃え、統一感を出すことができます。

このように木材家具といっても様々な素材で作られているので、一見同じように見えても、価格が違うのはこのことも理由のひとつなんです。

スポンサード リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ