部屋とインテリアの色合わせで失敗しない方法

部屋の色合わせは重要

部屋のイメージは色によってかなり変わってきます。

色合わせを考えることで、狭い部屋を広く見せたり、スッキリと片付いた部屋に見せたり、明るい印象にしたりすることができるんです。

色のバランスや色合わせを考えず、いろんな色が混在した部屋にしてしまうと、散らかっていなくてもごちゃごちゃとした印象を与えてしまうんです。

スポンサーリンク

色選びのポイント

どのような色合わせにしたらいいのか難しいと思う人もいますよね。

そんな人のために色選びのコツとして、色は3つに限定し、そしてそれぞれの色が部屋を占める割合を70パーセント、25パーセント、5パーセントになるようにするといいでしょう。

お部屋の70パーセントを占める色は床や壁といった部分の色になります。

この部分は部屋の大部分を占める色で、なかなか変えられない部分なので派手で個性的な色ではなく、落ち着いた色にするのがオススメです。

次に部屋の25パーセントを占める色です。
これは部屋の雰囲気を作る色です。

カーテンやラグ、ソファ、テーブルなどにその色を取り入れるといいでしょう。

最後に部屋の5パーセントを占める色です。
割合としてはとても少ないですが、この色が部屋の印象を引き締めてくれる効果があります。

クッションや雑貨に使うといいですね。

色合わせの効果

例えば部屋を明るい印象にしたいと思う場合、壁は白にして、床や家具はベージュ系のナチュラルな色、そしてアクセントの色として黄色や黄緑色、オレンジなどを使うとさわやかで元気のある明るいイメージの部屋にすることができます。

スポンサード リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ