棚の上をオシャレに飾る「3つの方法」とは

棚や壁をおしゃれに飾る方法

棚の上をオシャレに飾るには

棚の上に雑貨などをオシャレに飾るにはいくつかのポイントをおさえておく必要があります。

雑貨はかわいいとつい買ってしまって気づくとすごく増えていたなんてこともありますよね。

どんなにかわいい雑貨でもただ雑然と棚の上に並べているだけではオシャレではないし、その量も多すぎると逆に散らかって見えてしまったりもします。

飾りはオシャレに飾ることで、そのもの自体も映えるし、部屋をオシャレに見せてくれる効果もあるんです。

スポンサーリンク

棚の上の「3つの方法」での飾り方

まず、注意したいポイントは物を並べすぎないこと。

ある程度の余白を持って飾ることを意識してください。そして、初めは少ないスペースから飾ってみましょう。

飾り方として、幾つかのパターンがあります。

棚を飾る「3つの方法」

  1. シンメトリーに並べる方法

    シンメトリーは左右対称という意味。あるものを中心に置いてその左右に同じものを置くという方法です。

    この方法はとても簡単だし、バランスがいいので初心者の人にもオススメです。

    クラシックなスタイルでの演出法でなので、冒険したくない人にはお勧めです。

    規則正しく安定感はありますが、好みの問題で好き嫌いがハッキリした飾り方です。

  2. 同じ高さのものを並べるという方法

    横に長い棚なら直線的に間隔を少しずつ開けて同じ高さのものを並べてみてください。

    そのときに並べるものの素材感や雰囲気は同じようなものにするとオシャレに見えます。

    安定感があり、ボリュームも感じられる演出法で長く鑑賞できますしシンプルです。

    展示での注意は、あまり飾り物の距離を詰めすぎないようにすることが大切です。

  3. 大、中、小で三角に飾る方法

    例えば後ろに絵画や写真、鏡などの大きなものを置き、その手前の左右にそれよりも小さいもの、花や雑貨など高さ違いのものを置きます。

    この並べ方なら関連性のないものを並べるときにも適しているし、三角形に飾ることで動きの中に統一感を出すことができるのです。

    シンメトリーのような左右対称とは異なり、左右非対称での演出となりますので、いま流行りのディスプレイとして多くの人が活用しています。

    静的な飾りのディスプレイの中で、唯一動的な動きのある演出が期待できる方法です。

新生活や初めて間もないインテリアでのディスプレイでは飾る前に、まず考えなければならないポイントがあります。

見せるもののと見せないもののを仕分けして、効果的なお部屋の演出を考えてから行動に移しましょう。

でないと、棚一つのディスプレイにしても「雑然」とした、飾りになってしまいます。

スポンサード リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ